読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々と、ラララ。

愛知・名古屋 / OL・外資系 / 30代・独身 / 本・ランチ / フィンランド ・歌舞伎 / 節約・生理痛

松浦弥太郎さんの本、おすすめしたい、この3冊。

松浦弥太郎さん。

 

この半年で15冊くらい読んだと思う。

 

自己啓発系の本もたくさん書かれているけれど、

 

私が好きで好きでたまらないのはエッセイ。

 

何度も繰り返し読み、

 

読むだけでは足らず人にすすめたりプレゼントしたり、

 

古本屋で見つけたら既に持っているのにまた買ってしまったり笑。

 

 

以下、おすすめ3冊です。

 

 

1.「場所はいつも旅先だった」

 

honto.jp

 

好きすぎて、何でこの本もっと売れないんだろう、と勝手に思っています。。

 

 

ちょっとロマンチストっぽいところにたまに「けっ」となることもありますが、

 

飾らない言葉って、こういう言葉のことを言うんだ…と、ちょっと感動するほどの「飾らない言葉」がこの本の中にはあります。

 

 

人の心の中を、そのまま読んでいるような感覚。

 

それを読んでいるドキドキが、いつの間にか著者のドキドキに重なっていきます。

 

心臓とか、心とか、そういう部分に響いてくる文章です。

 

 

タイトル通り、内容は旅に関するお話がほとんどですが、同時並行的に恋のお話も。

 

 

2.「おいしいおにぎりが作れるならば。」

 

honto.jp

 

こちらは、暮らしの手帖に掲載されたエッセイをまとめたものです。

 

エッセイごとに毛色が違うので、松浦さんのいろんなエッセイを読むことができます。

 

私は、家族、特に父親についてのお話が好き。

 

3.「最低で最高の本屋」

 

bookmeter.com

 

前半はCOW BOOKSを立ち上げるまでの話で、

 

勢いがあり何か焚きつけられるような文章です。

 

後半は世界の色々な場所を歩いたお話で、旅行記というより散歩記のようなものですが、読んでいると無性に旅に出たくなります。

 

珍しくアジア、それも台湾について書かれています。

 

 

ー以上、気になったものがあれば是非読んでみてください。

 

私も、これを書いていたらまた「場所はいつも旅先だった」を読みたくなってきてしまいました。。