読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々と、ラララ。

愛知・名古屋 / OL・外資系 / 30代・独身 / 本・ランチ / フィンランド ・歌舞伎 / 節約・生理痛

キャピキャピできない女子高生だった私へ。

HARBSでケーキを食べていたら、

 

両隣りが若者だった。

 

 

右に大学を出てすぐくらいの男女の友人カップル、

 

左に大学生の女性2人組。

 

男性は静かに話すタイプの人だったけれど、

 

女性たちは声が高く大きかった。

 

エネルギーを発散させるようにワーッと喋っていた。

 

 

うるさいなあ、と思いつつ、

 

思いがけず頭に浮かんできたのは昔の自分。

 

昔、こんな場所にいたな、久しぶりだな、この感覚。

 

クラスの大半の女子の賑やかさについていけず、

 

何でみんなあんなにキャピキャピできるんだろう…と思っていた女子高生の自分。

 

 

右の女性は、社内の学歴社会ぶりや、社内での出会いのなさ、最近太っちゃって…というような話をしていて、

 

左の女性は、彼氏とささいなケンカが多いこと、別れるなら大学を卒業する前がいいよね、というような話をしていた。

 

 

昔は、こんなような会話が周りに溢れていたなあ。。

 

 

ふと、年を取ってよかった、と思った。

 

もうキャピキャピしなくていい。

 

キャピキャピしていたら気持ちわるいし、

 

キャピキャピできなくなった、が正しいのかもしれないけれど。

 

それでも、キャピキャピしなくていいのは私にとって心地よい。

 

 

この場所に辿り着けてよかったと思った。